心地よい職場環境の提案

『FIGARO  Japan (2020年3月発売)』のテーマは、「世界はしてみたいコトでありふれてる。」なのですが、その中で、“暮らすように、心地よく働く”という内容があり、個人的には、まったくもって同感でしたので、ご紹介します。

 

その紹介は、オフィス環境の提案でした。

個人的には、ずっと疑問に思っていることが密かにありました。

職場のデスクは、白でないとダメなのか?床にラグを敷いてはダメなのか?電話機はレトロなデザインのモノは売っていないのか?イスは硬い感じの無機質なデザインでなければならないのか?

などなどあります。

家庭的な空間でもいいじゃないか?と思っていたんです。

 

こんな疑問を持っていたらば、『FIGARO  Japan (2020年3月発売)』で、“暮らすように、心地よく働く”というテーマの記事が載っていました(1ページの内容です)。

かなり共感しました。

 

職場では、税金対策として、ガタが来ている、新しいデザインのデスクにするなどで、年末あたりに買い替えをするなど、粗大ゴミが出ます。

個人的には、初めから愛着の湧くデザインの家庭で使用するような、机やイスにすればいいのになと思っていました。壊れたら修理をしたり、メンテナンスをするなど、大切に育てていくことができます。

結果的に、粗大ゴミが少なくなり、企業側も、不要な数の在庫を抱える必要もなくなり、資源に優しい行いになるはずです。

 

職場の環境と、家庭の環境が同じような空間になってしまったら、切り替えができなくなってしまい、仕事ができなくなるのでは?くつろぎ過ぎてしまって、仕事にならないのでは?などの懸念があるかもしれません。

本当にそうなるかは、個人的には思いません。

 

家で仕事をしている人は、同じ場所、空間で行う作業を切り替えなければなりませんので、このような感覚になるのは理解できます。

同じような木の温もりが伝わるデザインで、家と職場をデザインしたとしても、場所、空間が変わり、また、職場であれば、一緒に過ごす人も変わりますので、切り替えは可能なのではないかと考えられます。

 

無機質で、まっ白なデザインの空間にいることで、目が疲れてしまい、あまり自然に触れることなく、8時間あまりも滞在することになります。人生の1/3を過ごす空間なのですから、ストレスがかからないデザインにする方が、従業員のためにもなると、個人的には思っています、

また、愛着を持ってひとつのアイテムを、手入れをしながら使いづつけることは、資源の無駄にもなりません。

 

1人ずつのデスクではなく、大きなテーブルを真ん中にドカンと置くことで、オフィス空間の出来上がりです。

キレイな状態を保ちたい、掃除をしたくなるそんな空間にすることで、美化も保つことができます。

パソコンは、こうなると、laptop式が向いていると思います。会社用に購入して、それを持って、フリーアドレスで着席をする。

食事は、別のテーブルにするなど、バルコニーで食べるなどで、工夫することで、家庭的な空間であったとしても、この場所は仕事をする場所とすることで、切り替えの共通認識として、集団的にルール化することもできます。

仕切りは、観葉植物で可能です。

お客様との会議は、個室の方がプライバシーも保たれ、話しやすい関係を作りやすので、一部屋は、応接室を設けることをオススメします。

個人的には、コーヒーメーカーを部屋の外から持ってくるのではなく、その部屋の中で完結できないかと思うほどです。キッチンのある環境が、応接室でいいのになと思うほどです。

お茶を作りながら、たわいのない話しをして、好みのおやつ(手作りのおやつもいいのですが、お客様の好きな食べ物を用意すると、お客様を本当におもてなしすることができます。そこまでやっていいのではないかと思っています。おやつと言わず、お昼ご飯もいっしょに、好物を作ったので食べませんか?と、スタッフと一緒に食べるのもいいと思います。同じ釜の飯をみんなで食べる感覚です。)と一緒にお出しすれば、会話もスムーズに進むと考えられます。

本当に家庭に遊びに来たお客様として招くことが、おもてなしとして提供できるのではと、お客様にとっても、くつろぎの空間を味わってもらうことができます。

 

このようなオフィスを提案したいとも、個人的には思っていましたが、この『FIGARO  Japan (2020年3月発売)』さんの提案は、ここまでの内容ではありませんが、この雑誌の内容がきっかけで、どれだけの会社が行動に移してくれるかは分かりませんが、職場空間がストレスなく、過ごすことができる環境になることは間違いないと思っています。

 

<参考文献>

FIGAROジャパン

 

<関連記事>

オフィス空間を緑化することでストレスが緩和する件

ヒトは自然を本能で欲している

職場のストレスは裁量が与えられないこと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。