居住空間をインテリア化する意図とは

img_2819

造形人間工学特論の教授 加藤力氏、京都工芸織維大学大学院 博士後期課程 松田奈緒子氏による「インテリア空間における社会心理学的考察」では、住居のインテリアでは、化粧やファッションなどと同じように、重要な自己表現の手段(空間の自己化)となっているということから、インテリアについて、学生の個室を対象として、男女半々の60名の写真投影法(何らかのテーマに基づいて、自由に写真を撮るという方法で行う調査方法)を用いて、考察されている。

対象者に対して、部屋の中で自分自身で満足していて最も気に入っている箇所、部屋の中で人と違っていると思う箇所、誇らしく思う自慢したい箇所の3点について、写真を撮ってきてもらって、インテリア空間と、自己との関係について、語ってもらった記録からから、分かってきたことをご紹介します。

 

まずは、他者の目を全く意識しないで、自己満足だけの人が最も多い。

そこから、やがて他者を意識し始め、他者との違いに関心が移る。

最後には、他者との違いに対し、「自慢したい」という段階に移行している。

 

 

インテリアに興味のある人にとっては、部分のコーディネーション、窓からの光、あるいは照明、あるいはウォールコンポジションのように、インテリア空間の調和、演出に関して、取り上げている。

興味のない人にとっては、AV機器の組み合わせであったり、自分の居場所などのように「機能」を重視しているということが分かった。

 

 

インテリア空間については、自分らしさを表現するということは、自己を確認することであったり、心理的安心感を得ることであったり、自己能力の発揮などが目的となっていると思われ、この領域は、ナワバリとしての認識としても考えることができると考察している。

インテリア空間は、自己化、自己表現、自己確認が相互に関連しあいながら、成立していると考えることもできると述べている。

 

住居空間は、何もない部屋の中では、生活することができないので、生活の必需品を、まず、家の中に持ち込む。この時点で、自分の自己化というのが始まるとされるが、充分な個性化や、自己化は図れていないと考えられるが、ここに、もっと個性化を図ると、インテリ化すると考察されている。

さらに、このインテリア空間のデザインの中には、何人かのそこに住んでいる人の自己が、存在し、そうした自己が、相互に関係し合って、出来上がっていると考えられると述べている。

この自己というのは、自分自身、投影された自己、他者の眼を意識した自己、他者の眼を意識して投影された自己という、4種類の自己が存在していて、その4種類が相互に関係している状態がインテリアとして形成されているという。

 

米国の地理学者である、イーフー・トゥアン氏が思うインテリアについては、「閉ざされた空間では、人間の心理が濃縮され、集中している」ということや、「こうした空間では、自己や人間社会の現実に対する意識が高まる」と述べている。これは、これでとても興味はあるが、一旦置いておき、日本では、閉ざされた空間が少なかった印象があるが、自分の個室ができたことによって、その空間が自己化し、自己表現ができる空間ができたのではないかとも、考えられる。

 

この考察の結論としては、他者の存在を意識することによって、自己表現の内容や結果が影響を受けるという事実を調査によって、明らかにされたことが分かった。

 

 

インテリア(室内装飾)とは、自分が存在する空間を、自己表現することであると考えられる。今回は、学生さんが対象となるので、単身の個室であると考えられるが、これが、家族単位であれば、共同して使用する空間については、一体誰のセンスで表現されるのか?だいたいは、母親の決定で無理矢理化されるのではとも思われる。だが、一緒に暮らしているうちに、インテリアに興味のない、お子様、旦那様が、モノを統一感なく、配置していくと、これが、家庭化されていくのかもしれない。

要するに、共有部分を見ることで、家族の状態が把握できるということかもしれない。みんなの意見がそれぞれ共存して、それがまとまって、美しく見えていれば、幸せなインテリア化ではないかと、個人的には思ってしまいました。

居住空間をインテリア化する意図とは” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。