アップルは、アイデアがダメでもいいと考える

IMG_2232

スティーブ・ジョブズ氏と一緒に働いたことのある著者が語る、アップルはどうして、ここまで成長したのか?という答えが、この 『Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学』には書いてあります。

 

インテルのアプローチには、ひとつのまずいアイデアが帝国を滅ぼすという前提があるようだが、アップルは、アイデアがダメでもいいと考える。

スティーブ・ジョブス氏について、語ってくれている内容から、学べることがたくさんあるので、「人間同士のコミュニケーションが、いちばんシンプルなやり方である」の続きであり、シリーズと化しています。

このシリーズを見ていただいている方なら、お分りいただけるかもしれませんが、インテルのような大企業では、効率化を優先するあまりに人間性がなくなっており、ちょっとした思いつきなどは、科学的根拠がなければ採用しない、つまり、売れる確証の無いものは、リスクでしかないということになる。

 

だが、アップルでは、リスクを負ってもいいということになる。これは、人間であれ!というようにしか、個人的には聞こえない。もちろん、失敗はしない方がいいが、人間が、人間に対して売り出す商品なのに、どうして機械的に考えなければならないのか、ここには、矛盾を感じてしまう。

人間なのだから失敗だってあり得る。だが、妥協はしない。この精神は、血が通っている人間らしい会社であるということが、ここから感じ取ることができるのでは無いだろうか。

 

全てを盛り込んだ「完璧な広告」は、フォーカスグループから好ましいフィードバックを受けるしかないが、消費者と感情的つながりを作れないものが多い。

これも、インテルなどの大企業を比べてしまうことになるが(個人的には、あまり比べるのは性に合わないのだが、何かを知るには、別の何かを知らなければ知り得なかったこともあるので、ここでは比較させてもらっています。インテルさんのCPUには、いつもお世話になっています。)、インテルでは、科学的に、マーケティング通りに進めていくことで、リスクをなくし、確実に売上を上げていくという広告戦略が見て取れる。

アップルは、アイデアがあり、そして、感情的に訴えてくる広告にすることで、人間らしさを表現している。こちらも、人間が人間に対して、人間らしく訴えかける。それが、アップルの戦略であるということが分かる。

 

アップルとかかわることすべてにおいて、顧客が常にすばらしい体験をすることが目標だ。

ここに、アップルの全てが詰まっているのではないかと思ってしまう。

アップルは、世界観を一貫しており、CMから、ストアから、商品を包む箱から、ストアにいるスタッフから、もちろん商品、そして、プレゼンまで、世界が繋がっており、これは、当たり前ではなく、シンプルを大切にし、顧客を喜ばせるために妥協をしていないからこそ、できることではないかと思っている。

シンプルの精神は、この気持ちが根源であり、アップルのファンに向けて商品を作り、喜ばせる。そして、商品が壊れてしまった時にも、丁寧にカスタマーサービスが対応してくれる。

アップルのことなら、アップルが責任を持って対応してくれる。ファンは安心してアップルを堪能することができる。

妥協を許さないことが、商品のクオリティを生み出し、人間的なアイデアが、人間の感情に働きかける、なぜ、これをやるのか、それはひとえに、顧客に喜んでもらいたいから、驚いて、楽しんでもらいたいからという、スティーブ・ジョブスの純粋な気持ちがそこにあるからではないだろうか。

 

人を喜ばせたいという表現が、このアップルの商品であり、演出であるということになると、スティーブ・ジョブスは、偉大なる表現者であったということがこの本から読み取ることができた。

人は皆、表現者であり、年も性別も、国籍も関係なく、表現の方法は自由であり、世界から評されているスティーブ・ジョブス氏が、今まで行ってきたことが、結果的に、このような結論になったのは、個人的には嬉しい限りです。

スティーブ・ジョブス氏が、アイデアを大切にするのは、人間が考え出した表現だからではないだろうかとも、考えると、働き方は、厳しくて有名であったが、人間を大切にしてくれる、そんなCEOだったのではないかとも思ってしまいます。

 

註:『Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学』ケン・シーガル NHK出版 2012-05-23

アップルは、アイデアがダメでもいいと考える” への2件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。