人は人から注目を集めたい生き物です

IMG_2333

写真:乃木坂

アドラー氏は、人間の特質について、こう考えている。

人は注目されないと、

悪さをしてでも注目を集めようとする。

それに失敗すると、

今度は自分の無能さを見せつけるようになる。

人は、生まれてから、親にかまってくれないと感じた子どもは、気を惹かせるために、あらゆる努力をします。その方法が道理に反していてもです。

注目を集めるために、寝るまで側にいて欲しい、ということを要求したりするのだそうです。

 

注目を集めることができなかったら、次に、力を使ってきます。

力とは、かんしゃくを起こしたり、食事を拒むことなどです。

この、かんしゃくを起こしている場合には、満たされない気持ちという理由があって、起こしているので、この状態に対して、大人も同様に、力で対抗してしまうことで、子どもはヒドく傷つけられてしまいます。

 

こうして、心を傷つけられた子どもは、問題行動を起こし(親が嫌がることをあえて行う行動)、親に対して、不快感を与え、復讐を試みます。

 

そこで、親の反応や、自分自身で起こしている行動について、諦めの時期がやってくるそうです。そうなった子どもは、自分は、「無能である」「欠陥である」ということを、開き直ったように親に見せつけてきて、自身の課題について、逃げるという道を選ぶようになるそうです。

 

この順番を知ると、早めのうちに、子どもの要求について、話し合っておくべきであると、誰でも感じていただけるのではないでしょうか。

 

例として、子どもを取り上げましたが、大人になっても、気持ちが満たされなかったら、この段階を経て、グレていきます。

大人になっても、他人に注目してくれないことで、気持ちが満たされず、他人が見てくれていないと、自分の存在が不安になってしまうからではないかと、考えられます。

 

この注目を集める他に、別の形が存在します。

世話好きな人は、単に優しい人なのではない。

相手を自分に依存させ、

自分が重要な人物であることを実感したいのだ。

こんな風に言われてしまうと、語弊がありますが、注目して欲しいのは、「世話好き」という部分です。

長女、長男、親、は、世話をしなければなりませんが、世話が行き過ぎる、または、余計なことまでしてしまう、積極的に世話をするということではないでしょうか。

必要以上に世話をするということで、実は、世話をしている自身が、ここが居場所である、という安心感を得ているのです。

世話をしている彼らのためではなく、自分のためということです。

 

自分の居場所がなければ、人は、気持ちの安息を得ることが出来ずに、非行に走ってしまうのです。

どうして非行に走るのかというと、アドラー氏の考えである、「人に注目して欲しい」からなのです。

人間が、1人では生きていけないというのは、こういったことにも、関係していることが分かります。

 
註:『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』小倉 広 ダイヤモンド社 2017-08-31

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。