人間は、劣等感を感じる生き物である

IMG_2386

写真:西葛西

アドラー氏は、劣等感という感覚について、こう考えられている。

あなたが劣っているから劣等感があるのではない。

どんなに優秀に見える人にも劣等感は存在する。

目標がある限り、劣等感があるのは当然なのである。

人間は、目標を持って生きている方がいる。その目標を持って、生きている限り、劣等感という感覚が同時に生まれるという話です。

 

どうして、こんなに自分はダメなんだ、デキない人間なんだと劣等感を感じているということは、目標があるということになるというワケです。

誰でも、この感覚があり、あなただけが特別に感じている感覚ではないと思うと、救われる気がしてきます。

 

そして、この劣等感を感じていることは、ご自身が成長するチャンスでもあるというタイミングとして、次の考えがあります。

劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。

しかし、劣等感をバネに

偉業を成し遂げた者も数知れない。

劣等感を感じていること自体は、ご自身に目標があるからなのですが、その目標を達成できないことについて、劣等感自体が原因であるとすることは、現実から逃げているということになります。

 

だが、目標に対して、立ち向かい、真剣に向き合った者が、偉業を成し遂げることができるというワケです。

だいたい、現実から逃げる者は、モノのせいにしたり、他人のせいにしたり、環境のせいにしたりするのが特徴にありますが、この「何かのせい」にすることを止めた時に、初めて、自分自身に向き合えるのかもしれません。

 

そこで、次の考えです。

できない自分を責めている限り、

永遠に幸せになれないだろう。

今の自分を認める勇気を持つ者だけが、

本当に強い人間になれるのだ。

劣等感を感じ、それについて、劣等感を感じている自分自身を受け止めることによって、強い人間になれる=生きる力、包容力になるという話です。

 

この劣等感は、不完全さであり、人間は誰でも、完璧な人はいないからなのです。

ですが、自分自身が、ダメな人間であるということを認めるワケではなく、現状の自分自身を受け入れ、目標に向けて、では、どうしたらいいだろうか、ということを考えることが、重要であるということです。

 

ここで、どうして完璧な人間はいないのか?という話に戻りますが、

完璧な人間とは、誰が決めるのか?ということに関連してきます。

人それぞれ、感性が異なり、考えも違うので、完璧という概念に対して、答えが一つに集約することができないことから、完璧な人間という存在が生まれないと個人的には思っています。

完璧な人間がいないという事実を受け止め、現在の自分を認めることで、これからの人生を、前向きに生きることができるという、アドラー氏の助言を紹介させていただきました。

 

アドラー氏が残している考えについて、賛成、反対は人それぞれですが、

何かが上手くいかないときは、環境のせいにするという観点については、個人的には賛成の意見です。

 

例えば、組織に所属していて、その組織の文句を言うことは、個人的には、意味が分かりません。文句を言うこと自体は、意識を固めることができたり、ストレスを発散することができ、それ自体を好きではなかったとしても、空気を読んで言わなくてはならない時も、時にはあります。社会の中で、生きていく中で、その文句を言ってもいいと思うのですが、このことが理由で、組織を抜けることが、理解に苦しみます。

 

これは、あくまでも、個人的な意見なので、申し訳ないのですが、文句というモノは、組織にとっては、改善しなければならない観点であると思われるので、それについて、では、どうしたらよいのか、ということを考え、アウトプットすることが、重要ではないかと個人的には、切に思っています。

 

結局は、環境のせいにして、自身が原因としていないということが、一番の問題ではないかと思ってならないのです。

完璧な人間がいないのと同時に、完璧な組織なんて、存在しないのではないかと思います。

不完全な組織なのですから、自分ごととして、前向きに、どうしたら良いのかを考えることが、最善ではないかと思いませんか?

 

註:『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』小倉 広 ダイヤモンド社 2017-08-31

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。