記者クラブ制度が、なぜ日本で問題視されないのか不思議である件について

IMG_2329

 写真:乃木坂

何も知らないで聞くと、『笑ゥせぇるすまん』に出てくるような世界ではないかと、個人的には思ってしまいますが、この「記者クラブ」という組織は、実在し、現在も活動しています。

 

読者である庶民の側に立つのではなく、記事を書く対象者側に立ち、その相手の一部に組み込まれているような形で、相手のプラスになるようなことしか書かないというワケです。

企業から、プレスリリースであったり、リーク情報を報じているのも、記者クラブになる。企業と癒着している状態で、企業にとって、不利になるような情報は一切書かない。そんな内容の記事しか書かないのが、記者クラブなのだそうです。

 

個人的には、この記者クラブの存在を知らず、いつも見ている日経新聞などで、いつも、核心を突かない、そんな内容の記事に対して、ずっと、気持ちが悪いとは思っていた。主観的な感想が入ってもいいのにと。記事を書いている人は、何が言いたいのだろうかと。

そして、この記者クラブの存在を知ってしまうと、記事の内容は、操作され、メリットになることしか書かれていないのではないだろうか。

 

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)』の著書には、以下のような内容が記されていました。

日本の新聞記者は、あまりにもエリート意識が強すぎるのではないだろうか。彼らは政治家に対してはわりと批判的なのに、行政のバッシングはできるだけ避けようとする。いまでも官僚批判は雑誌メディアやネットメディアの独壇場(どくせんじょう)だ。政治家の記事は書き放題なのに、官僚バッシングをやりたがらないのだ。それはやはり、官僚が貴重な情報源であると同時に、どこかで同志意識のようなものがあるからだろう。

日本の大手新聞は、官僚機構が最も嫌がるニュースを率先して報道しようとはしない。ある新聞だけに特ダネを握られたら困るから、記者クラブのみんなで話し合って特定の新聞だけが違う方向へ向かわないようにする。

自分だけ情報をもらえなくなっては困るから、官僚機構とのケンカを避け、同じインナーサークルのなかで、手を取り合う。

そして、著者は言う、「記者クラブ制度がなぜ日本で問題視されないのか不思議だ。」と。

 

著者は、アメリカ人である。だから、こんな日本の制度、組織の存在が、不思議で仕方がないのだと、思われる。

日本人である私なら、この不思議が分かる気がします。

 

世間の目を気にして、今まで通り、名声を汚すことなく、これからも過ごしたい。その方が、自分自身も、世間も、それが最善であると言わんばかりに。この価値観の相違が、日本とアメリカの差ではないだろうか。

日本は、古代から、あまり良く思わない出来事、企みなどについては、隠してくるのが、習わしのようになっていると、個人的には思われる。そして、この習わしが、時間をかけて、文化のようになっている。

 

悲しい話だが、これは、日本らしいと感じられる一面ではないだろうか。自分は決して、そんなことはできない、だが、認めるしかない事実だと個人的には思います。

 

著者は、日本のメディアに対して批判をしたいワケではなく、アメリカの方が優れていると言いたいワケでもなく、記事を書く、記者である以上は、ジャーナリストとして、機能させるには、どうしたらいいのだろうかと、考えており、記者クラブの存在があることで、日本の雑誌、ネットメディア、フリーランスの記者たちは、自由な取材を阻害されていると言うことに対して、表現の自由を奪われているという事実を、私たちは知らない。

 

「なぜ他社と横並びになり、当局幹部を狙って夜討ち朝駆け取材を続けなければいけないのか」「記者クラブは本当に必要なのか」などと疑問をもつような学生は、日本の記者クラブメディアには必要とされない。

「ジャーナリスト=専門職」という意識をもつ記者は日本の報道機関によって不要であり、「ジャーナリスト=サラリーマン」であることが望ましいだろう。

 

アメリカでは、ジャーナリストは、専門職であると考えられており、医師、弁護士などと同じような存在であると、著者は言う。

また、日本では、正社員にしか記事を書かせてくれないのだそうだ。フリーランスや、契約社員などが、記事を書くと言うことが、ほとんどないと言うのが、現状の日本の体制なのだそうだ。記事を書くことは、立場など関係ないはずなのに、差をつけられてしまっている。

 

アメリカは、どの業界も、実力主義であり、影響力のある記事を書けるのは、ほんの一握りなのだそうだ。だから、自らに限界を感じ、外の世界に転じる者が多く生まれているのだそうだ。逆に言うと、ジャーナリストは、高い熱意を持っており、その表現物が、評価されるに値する記事を書いてきた者だけが生き残っていくというワケである。

アメリカのジャーナリストは、ジャーナリストとしての意識の高さについて、胸を張って誇っている職業であるが故に、日本の記者クラブの存在が不思議で仕方がないというのは、納得することができる。

 

だが、ジャーナリズムの目的は、社会主義、だが、企業が目指しているものは利益であるので、この関係は、本来相反するものなので、記事を発信するという目的で企業を立ち上げると、現在の日本では難しい話ではないだろうか。

こうやって、ブログに書いている分には、利益が目的ではない場合には、むしろ楽しんで記事を書くことができる。こういったブログには、見ている人も少なく、真実味も少ない。だから、のびのびと記事がかけるというのはある。

 

この記事を書くということを、仕事にすると、縛りが出てくるということです。この縛りが、健全な精神、表現を奪ってしまっているという点については、確かに問題であると私は思う。

 

註:『「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)』マーティン・ファクラー 双葉社 2012-07-04

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。