凶悪犯罪に対処できないのは少年法が悪い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結論から申しますと、そうではありません。

 

耳を疑うような凶悪な犯罪を、青少年が犯している現在ですが、こういった事件を抑止するために少年法が改正されたと、『少年法・少年犯罪をどう見たらいいか』の著者は、語っています(改正日:2000年11月28日)。

 

これまでの少年法のあり方は、少年の健全育成を期す必要があるということに重きを置いていたことで、再犯も少なく、よって、成人で犯罪を犯す人が少ないという結果を生み出し、日本の平和を支えているのではないかとも思えます。

 

凶悪犯罪を含めて、少年犯罪を抑制するために、”罰”を与えるのではなく、”健全育成”をすることが鍵として、成立させてくれたのだそうです。

改正してからは、この考えが”罰”になってしまったということです。

 

時代に合わせて、改正したという経緯があります。

今までの少年法は、刑罰という意味合いではなく、少年が、心から立ち直る自律的なプロセスを大切にしていたからこそ、しっかりと自己肯定感が育ち、それが、再犯の少なさに繋がっているのだと考えられます。

 

自律的なプロセスを一体どのように行ってきたのか、気になるところで、小学校や、教育機関も、この自律的なプロセスが踏めるような、教育ができたら、理想ではないかと、個人的な理想が頭をよぎってしまいました。

 

でも、現在では、このプロセスを踏んでいないのかも?と思うと、それはそれは残念で仕方がありません。

そして、これを、誰も教えてくれません。

是非とも、健全育成の中身を知りたいものです。

 

改正をした背景には、世界の少年法と比べて、罰が甘いのではないかということも、考えられるかもしれません。

世界が進んでいて、日本は遅れているというのは、一体誰が決めているのでしょうか。

 

世界に視野を向けることは、大切なことかもしれませんが、比べたときに、世界のマネをする必要性はどこにあるのでしょうか。

 

日本には、日本の良さがあり、受け継がなければならない伝統もあると、個人的には思います。

 

どうしても、私には、日本が退化しているようにしか、思えない時があるのです。

昔の方が、教育状況もよかったのではないかと、思ってなりません。

ただ、規則正しい生活、生活の手伝いをするだけで、そんな、身近に存在する当たり前を行うことで、健全育成にもなるのではないかと、個人的には思うときがあります。

 

時代の変化と共に、物事も変わるのが、むしろ自然なことなのかもしれませんが、私たちは、日本人であり、日本人の心を忘れてはならないと、世界を見て、より強く思います。

 

メディアによって一方的に考えを抑制されてしまい、感情や行動までも、知らない間に、洗脳されてしまうことによって、自分らしさ、そして、その自分らしさの中にある日本人らしささえ、失いつつあるのかもしれません。

 

では、日本の心とは一体なんなのでしょうか?

自分を考えたときに、”日本”という母国は、考えなければならない存在であり、

これは、アイデンティティにも、関わる大きな議論となりそうです。

 

※「54%」の続き的な、内容となっております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。