レッジョ・エミリアという、イタリアの「小さな町」は、日本人にとっては、大きな町であるという事実

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

レッジョエミリアには、語学学校(イタリア文化・語学学校「レッジョ・リングァ」)がひとつしかありません(2017年現在)。その語学学校に飾られている地図を拝借させていただきました。グーグルマップでは、味わうことができない、この手書きの感じに心を奪われました。

こういった地図を扱っている専門店もあるほど、イタリアの人は、”市民”であること、生まれ育った地域に誇りを持っているということが、ひしひしと伝わってきます。

 

語学学校の場所は、上の地図でいうと、囲まれている町の中ではなく、右中央、少し下辺りに位置しています。地図から外れて、もっと右に進むと、レッジョエミリアの駅にたどり着きます。

地図だけで見ると、とても大きな町に見えますが、私は、語学学校から、この地図からだいぶ左に外れた「オロロージョ」という場所まで、毎日歩いて通っていました。

歩く速度は、普通よりも遅い方ですが、そんな私が歩いても、35分くらいで着きます。歩くのが好きなので、往復1時間と、運動不足にはいい運動になっていました。

レッジョエミリアという町(中心街)は、端から端まで、おそらく15〜20分くらいで歩くことができてしまいます。

 

2ヶ月の滞在中、電車に乗ったり、ホストファミリーの方に車に乗せてもらい、山に連れていってくれたりしました。この町に住んでいる人たちが、口々に、「この町は小さい」と言っていたことと、日本にある、レッジョチルドレンの文献にも、「小さな町」という認識が、初めから頭にあったので、全然気にしていませんでしたが、実際には、どこからどこまでが、レッジョエミリアなのか確認することもなく、過ごしていました。

 

実は、本屋さんに行って、「ここのレッジョエミリアの地図を下さい」と言って出されたもの、上段の範囲で終わっているモノでした。

でも、絶対におかしい!だって、語学学校は、その中心街から少し外れているから、そこだって、駅だって、レッジョエミリアじゃないか!なぜ、そこが載っていない?

 

グーグルマップで、町を調べて見ると、すぐに出ました。中心街の部分は、とても小さく、その周りもちゃんとレッジョエミリアでした。

全面積は、231㎢(レッジョ・エミリアの面積「グーグルマップ」)あるそうで、安心しました(ちなみに、バチカンは0.44㎢なので、そんなに小さくないと思いませんか?)。

 

 

「小さな町」として、紹介されてきましたが、日本人からしたら、日本にある市と比べても、大きい方であるという事実が、個人的な感想です(東京の面積ランキング)。中心街が、小さいということなのかもしれません。ですが、それも、日本人にとっては、そうは思えません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地図の作品全体像になります。

 

レッジョエミリアの町が、小さいことを言っているのではなく(イタリアの領土の中では、小さい面積の町であることは事実かもしれない)、独自の教育が、イタリア全土で行われているのではなく、この町だけで、長きに渡って行われているということが言いたいのではないかと、解釈しています。

イタリアでは、国民意識よりも、市民意識が強いことが、物凄く感じられる瞬間が多くありました。

地図で載っていなかったのは、レッジョエミリアの誇るべきところという紹介で、中心街だけなのでしょうか、絵でもこの中心街だけなのです。そういうところしか、見せたくないのでしょうか。

語学学校のホームステイを申し込んだ時にも、アグリツーリズもという存在があり、今回は申し込みませんでしたが、田舎に泊まって、現地の美味しい特産物を食べれる、景色を楽しめるということができる人気が集まっているシステムなのだそうです。イタリアでは、このアグリツーリズモのおかげで、経済を回している大切な要素なのですが、もしかしたら、レッジョエミリアでは、この活動が、少し弱いのかも?とも思ってしまいました。

それとも、アグリツーリズモの部分までは、地図には載せないのかもしれません。地図が大きくなってしまって美しくなくなるからとか、そういった兼ね合いもあるのかもしれません。謎です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。