Daniele

wcm0020%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

NHKで放送されている「世界入りにくい居酒屋」の番組で、舞台がイタリアのフィレンツェの回に登場した、芸術的で、こだわりのある店主ダニエレさんです。お店自体は人通りのない住宅街にある「Hosteria del B…」Bの後が映っていなかったので分かりません。Hosteriaは、居酒屋という意味なのだそうです。地元の芸術家たちの絵が飾ってあるアートな店内で、地元の食材を使用した本格的な美しい料理から、生ハムを自らナイフで薄くスライスしたり、300本種類のワインから選んでくれたりと、ソムリエでもあるそうで、なんでも自らこなしている方です。買い出しもスマートにジャケットを羽織り、いつでも美しい出で立ちで臨んでいます。以前の仕事は漫画を書いていたこともあるほど、繊細な方です。バツ1で、母と二人三脚でお店を切り盛りしていたが、母が体調を崩したことをきっかけに、息子さんが2人が、一緒にお店の手伝いをしてくれている、美しい家族愛も垣間見えます。ダニエレさんの素敵な言葉に「フィレンツェの町を大切に思う地元のたちと、絆が繋がり、その結果、伝統を守り続けて行ける、この町の一部になりたい。」と、こうやってイタリアの伝統が守られて、今でも美しいフィレンツェであり続けているのだと謎が解けた瞬間でした。

世界入りにくい居酒屋「イタリア フィレンツェ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。